竈門神社(かまどじんじゃ)は女性に人気!

竈門神社 女性を中心に縁結び(良縁・恋愛成就)の神さまと、厄除・方除の神さまとしても信仰が厚い神社です。
九州は太宰府市の竈門神社で行われる縁結び大祭(4月)は良縁、恋愛成就のパワーを存分に浴びれます!
福岡近郊には、16歳の春に宝満山に登り、成人の報告をし、頂上付近の木に縁結びのこよりを結んで良縁を願う信仰があります。 4月16日の前の日曜日に、男女の縁や、全ての良き縁を願いう祭典です。
玉依姫命(たまよりひめ)は女性であり、出産もされているので、結婚や、安産の神様でもあります。
春は出会いの季節、是非参加して運気をあげましょう~^^!
もちろん、いついっても、神様は暖かく迎えてくれて、本気の恋愛を応援してくれるでしょう!

縁結び参拝者に口コミで広がった「当たる!」と話題の性格分析。
直感で12問に答えるだけで「私の心の中をみたの?」と驚きです。
無料なのに、ここまで細かい性格分析をしてくれて感動すら覚えます
↓↓↓

由緒

天智天皇3年(664年)に大宰府が設置されたました。
その際に鬼門 (北東)に当たる竈門山(宝満山)の麓で鬼門除けの祭祀が行われました。そして白鳳4 年(673年)、その場所に社殿が造られたと言い伝えられています。
『延喜式』では名神大社に列し、九州の総鎮守とされました。
心蓮上人(しんれんしょうにん)がこの山に籠もって修行中に玉依姫が現れたとされることにより、朝廷によって社殿(上宮)が建てられました。
これが竈門神社の創建となるそうです。

主祭神

玉依姫命(たまよりひめ)
相殿に神功皇后・応神天皇を祀る。

祭典・行事

1月4日 愛嶽神社祭
愛嶽神社は、火の神・軻偶土神(かぐつちのかみ)がお祀りされています。五穀豊穣を願う参詣者が多く、今では、今日では、火伏せの神・商売繁盛の神として多くの信仰されています。
4月中旬 縁結び大祭
5月最終日曜日 宝満山護摩焚き

竈門神社(かまどじんじゃ)への交通アクセス

場所:太宰府市大字内山883番地
バス:太宰府市のコミュニティーバス(まほろば号)西鉄太宰府駅横下車(料金100円)
電車:西鉄太宰府駅より徒歩約40分
車:竈門神社駐車場あり(約100台収容)
電話:(092) 922-4106


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0