日光二荒山神社(世界遺産)

主祭神は日光の三つの山の神(大己貴命、田心姫命、味耜高彦根命)を総称して二荒山大神としている。
男体山(二荒山、2486メートル)、女峯山(2464メートル)、太郎山(2368メートル)の三山であり、これらの山々は神が鎮まる霊峰として古くから信仰されてきたことより、多くの「気」が満ち溢れ、パワースポットとしても、斉藤一人さんや、江原さんなども紹介している。
また、祭神の一人田心姫命は美しい女性の神としても知られ、夫婦二柱とその子を祀ることによって、縁結びの神社としても広く愛されています

祭神

男体山 大己貴命 千手観音
女峯山 田心姫命 阿弥陀如来
太郎山 味耜高彦根命 馬頭観音

祭事

武射祭・蟇目式(ひきめしき)神事(1月 4日)
開山祭(5月5日)
弥生祭(4月13日 - 4 月17日。4月17日の例祭を含む)
登拝祭(7月30日 - 8月 8日)
閉山祭(10月25日)

観光案内

栃木県の日光は世界遺産の東照宮をはじめ、華厳の滝など、多くの歴史的価値の高い名所や、山に湖と美しい自然を満喫できるスポットが多く点在します。
疲れた体を休めにリフレッシュにはもってこいの場所です。 日光のもつパワーが運気をあげてくれるでしょう!

日光二荒山神社までの交通アクセス

場所:JR「日光駅」または「東武日光駅」からバス7分「西参道下車」、徒歩8分
電話:0288-54-0535
駐車場:400台駐車可能


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0