神社を参拝する時のやり方・ルール

神社やパワースポットには、神様が住んでいたり、
おおいなるパワーが眠っている場所。
そんな聖地をお参りさせて"いただく"わけですから、
お参りする側もちゃんとルールを守り
参拝する必要があります。

心を静かにし、背筋を正して、礼節をもって参りましょう!

神社などを参拝するときのマナーの手順です。

理想的には身を清めるためにシャワーを浴びて、
体を洗ってから参拝するのがベター。

さぁ、いよいよ神社につきました。
ここからは色々あるので、一つ一つご紹介します。

鳥居、参道での作法
  1. 鳥居をくぐる前に服装の乱れを整る。
  2. 深いお辞儀を1度する。
  3. 鳥居をまたぐとき、参道を歩く時は、左右どちらかの端を歩く。
  4. 鳥居をまたぐ時は、鳥居の中心に対してお尻を向けない。 (右端からまたぐ時は、右足で鳥居をまたぐ。左端なら左足から) ※帰るときにも一礼することを忘れずに。
手水の作法
  1. 御手水舎の前で軽く一礼をする。
  2. 最初に柄杓で左手に水をかる。
  3. 次に右手に水をかける。
  4. 終わったら、左手に水を貯め、口に含んですすぎ、 手で隠しながら水を吐き出す。
  5. 柄杓で口をつけた左手に水をかける。
  6. 柄杓をたてにして、自分の持った柄の部分に残っている水をかけます。
  7. 柄杓を元の位置に戻し、軽く一礼する。
参拝の作法
  1. お賽銭を手渡しのようにそっと入れる。 ※決して、強く投げない! 神社を管理している方々への感謝の意味も お賽銭にはあります。
  2. 深くお辞儀を2回。
  3. 拍手を2回打つ。
  4. 心の中で感謝の気持ちを伝えます。
  5. 深くお辞儀を1回。
  6. 最初は神様に日々の感謝をすること 次にお願い。
お礼参り
  1. お礼参りとは、本来願いが叶ったら神社にお礼とご報告をすることです。 願いがかなったら、ご報告に行きましょう
  2. お守りやお札をいただいている場合、 祈願が成就した際に納めます。
  3. 神社によってはご祈祷をしてくれるところもあるので 聞いてみるのもいいでしょう。。
※当サイトに掲載しているのはあくまで一例です。ご了承ください。
タグ : , , ,


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0